Capillus Logo png.png

​低出力レーザ―器 Capillusについて

低レベルレーザー器(LLLT)は、十分な研究の下、

男性ホルモン性脱毛症を含む、幅広い種類の薄毛に有効であると証明されています。


低レベルの光線療法(LLLT)は、光線療法として、1960年代から様々な分野で研究が行われ、近年、注目されています。

その中でも、頭皮や髪に対しLLLTを用いるテクノロジーは急速に進み、毛母細胞や髪の改善が期待できます。

髪や頭皮にLLLTを応用した歴史

低出力レーザーは、毛包の健康を大幅に改善する可能性があり、自然で見栄えのよい髪の毛を取り戻すことが可能です。

世界の偉大な発見の多くと同様に、レーザーの発見は偶然の産物でした。
ハンガリーの物理学者のEndre Mesterは、1967年に「生体刺激」効果の研究において、レーザーを照射することでマウスの脱毛部分の毛の成長が早まる事を確認しました。


その後、2007年、第三者機関により、男性型脱毛に対しレーザーコーム型の低出力レーザー装置の有用性が承認されました。

それ以来、いくつかの低出力レーザー器が、男性型脱毛症の市場承認を受けました。


男性のハミルトン・ノーウッドIIa-VやLudwig-Savin I-IIの脱毛分類や、Fitzpatrick I-IVのスキンタイプの女性の髪の成長を促進する効果が確認されました。

1968年以来、少なくとも54件のLLLTについての研究論文が発表されています。

最も注目すべき研究発表としては、2014年4月に、1センチ平方メートル当たり、20本の髪の増加が確認され、LLLT製品の髪の成長を誘発する能力が実証されました。
Capillus272 Proが行った実証実験でも、参加者の髪の本数が、平均して51%増加したことが証明されています。


低出力レーザーは、どのように髪を整えるのですか?


光が植物を成長させるように、毛の再成長を促します。

低レベルレーザー(LLLT)は、フォトバイオモジュレーション(光の生物調整)と呼ばれる生物学的効果に基づいています。

幅広く知られている理論は、LLLTの特定の波長である赤色の可視光線が髪の成長を促します。

LLLTはシトクロムcオキシダーゼを活性化し、ミトコンドリアを増加させることで、ATPが増加し、髪の休眠期のテロ―ゲンから、成長期であるアナ―ゲン期への移行を手助けします。

毛髪の成長サイクルは、成長(成長期)、休止(休止期)および脱毛(退行期)の三つに分かれます。

髪の成長、薄毛、抜け毛の原因として、ジヒドロテストステロン(DHT)による影響があります.。

低レベルレーザーにより増加された血流が、退行期または休止期の毛包の代謝を刺激し、成長期の髪への移行を促します。

光の刺激によってシトクロムC酸化物がアデノシン三リン酸(ATP)の生産を活発化させます。

すると、毛包細胞内でサイクリックAMPに変換され、毛の成長に必要な代謝プロセスを刺激し、細胞からの一酸化窒素が放出され、毛根に栄養素と、頭皮に酸素が行きわたります。

キャップ型 ​低出力レーザ―器の特許を取得

2016年 Capillusがキャップ型 低出力レーザ―器の特許を取得

全世界でキャップ型低出力レーザ―器が支流となる中、現在の設計や形状や技術を開発したのがCapillus CEO Carlos Pinaです。

全頭型低出力レーザ―器の製品としてCapillusは2016年に特許を取得しました。

低出力レーザ―器が様々な学会や論文で注目をされる中、形状やデザインを真似た製品が急増しています。

米国製の低出力レーザ―器でも効果の検証がされていないまま、承認された機器

第三者機関での効果や安全性の認可の取得を商品の信用性の根拠としているケースが増えていますが、実際の製品を用いて、効果を検証した根拠を示さなくても、認可は受けられることを多くの方はご存知ないと思います。

過去に承認を受けた、他社の製品との同じ部品やデザインを流用しているので同等の安全性や効果があると説明をし、効果の検証を提出することを回避したまま、承認を受けることが可能です。

Capillusはキャップ型 低出力レーザ―器で唯一、中立的な第三者の元、行われた検証結果を自主的に専門機関に提出した上で、認可を受けた製品です。

大手メーカーとOEM部品を共有し、効果効能の低出を回避して承認を受けた別のメーカーが注意勧告を受ける

全頭型の低出力レーザ―器のとあるメーカーが、認可を取得後、承認を受けた第三者機関から、注意是正勧告を受けた事例がありました。

その会社は申請をする際、大手メーカーと同じOEMの部品供給会社より、部品を入手し、基本構造が同じであると説明を受けたことで、自社製品での検証を回避したまま、認可を受けて、アメリカ国内で製造・販売を行いました

その後、品質管理が不十分で、125件もの顧客からのクレームを処理をせず、適切な情報管理を怠ったとして、一年もしないうちに、立ち入り調査を受けたところ、7つの是正勧告を受けました。

大手メーカーと同じ部品を共有し、構造も酷似ているという理由で、容易に認可が受けられてしまう問題。

そのような事態を避け、高品質で安全性や効果を確保する為、Capillusは製造を自社生産を行っています。

同形状やデザインの製品であったとしても、Capillusのような効果を他社製品で得ることは出来ません。

​Capillusの長年の実績や耐久性の高さがなせる長期保証

各低出力レーザ―育毛器の保証期間は、最大で5倍の開きが存在

レーザー、および、電子基板などの耐久年数は最大で3倍近くの差があり、5年程度で寿命を迎えてしまう製品から、Capillusのように15年以上の長期間、ご使用いただける製品があります。

世界で初めて、家庭用の最多個数のレーザーを搭載した製品として承認を受け、特許を取得したCapillusだからこそ、実現した長期保証。

比較対象として、酷似したデザイン、搭載レーザー個数も似ている、他社の272個の低出力レーザ―器や中国で製造されたOEMのキャップ型製品を、そのまま自社ブランド品として販売している機器の保証期間は、1年、または、2年です。

他メーカーの最長の2年保証を超え、1.5~2.5倍の保証期間を設けているのはCapillusのみです(最大5年のメーカー保証)

一部メーカーが新たに発売した同型製品は5年程の耐久年数を想定し、設計や製造がされる中、Capillusはその3倍の15年以上の耐久年数を想定し、製造されています。

大量のレーザーを、長時間、照射する負荷 

 

従来のバンド型やブラシ型のように、使用時間が短く、搭載するレーザーや搭載個数が少ない場合は、負荷も限定的なものです。

その反面、一度に大量の数のレーザーを、長時間に渡り、連続照射するには、高出力の電力が必要で、レーザー照射装置や設置される電子基盤全体に大きな負担が加わります。

 

Capillusは製品の開発当初から、業務用にも匹敵する数の低出力レーザー搭載し、家庭用としてだけではなく、業務用としての使用を想定し、設計、製造されています

事実、Capillusの家庭用モデルとされているCapillus 272やCapillusRX 312は、海外の多くの専門機関でご利用をいただいており、1台のCapillusを、1日に何人もの人々がご使用になります。


個人での使用に比べ、はるかに使用回数が増える専門機関で、数年経過している製品でも、Capillusは故障や寿命を迎えずご使用いただいています。

Capillusは家庭用の低出力レーザ―器だけでなく、業務用モデルも開発・製造している唯一のメーカーです。


Capillusは業務用モデルのノウハウを、家庭用モデルにも反映。

家庭用モデルの専門機関での使用実績や経験から、他社よりも長い耐久年数が実証されており、それゆえ長期保証が実現できるのです。

他社のように5年の寿命を想定した製品や中国で製造されている模倣品とは異なり、Capillusは、レーザーや電子基板に至るまで、他社が行っていない、3~5年の製品保証を提供しています

 

他社製品の低出力レーザー器をCapillusと同じくらいの年数、ご使用いただきたきたいと思われても、低出力レーザー器は、容易に買い替えできる値段の製品ではございません。

 

耐久年数に不安な製品よりも、実績と保証を兼ね揃えたCapillusであれば、安心してご使用いただくことが出来ます。

capillus comparison casing

他社の低出力レーザー器の検証で到着直後に破損

赤い矢印で示したシーリング部分が開封直後に剥がれてしまいました。

taiwan lllt device small.jpg
他社 低出力レーザー 耐久時間 温度 バッテリー
laser照射模様png-min.jpg

米国製と説明されている他社の低出力レーザー器の製造国の表示

赤い矢印で示しすように、本体にはMade in Taiwanと書かれていますが、多くの場合、製造は海外で行い、パッケージングを米国内で行うことで、アメリカ製と説明している製品もあります。

他社の低出力レーザー器の耐久試験とバッテリーの寿命

Capillusは、あらゆる環境や気温を想定し、20℃~70℃の環境下でレーザー照射装置の耐久試験を実施。製品の使用環境では、平均50℃で耐久試験を行っています。


それに比べ、他社の製品説明書によると、レーザーの耐久試験は、5~35℃でしか行われておりません。


また、他社では、使用環境の平均温度を25℃と想定し製造されたレーザーを使用しています。

 

Capillusがレーザーの耐久試験を50℃平均で行う理由。
それは、環境温度のみを想定するのではなく、使用時、レーザーが光を照射することで装置が熱を持つことまで想定し試験を行っています。

 

ところが、他社のレーザーの耐久試験は、平均25℃を想定して行われていますので、夏場の気温や室温が高温になる日本では、レーザーの照射時には装置の温度が上がることも加えると、耐久試験で想定された温度を超えてしまいます。

 

レーザー装置がさらされる環境が厳しくなることは、製品の寿命にも影響します。

 

さらに他社の説明書には「Battery Charging Cycle」が、300 cycleと書かれています。(参考までに、Capillusは1000cycleです。)

 

リチュームイオン電池のように、電池寿命が影響される蓄電池にとって、バッテリーの充電サイクルは重要です。

 

Apple社は自社製品のリチュームイオン電池のバッテリー充電サイクルについて、2008年以前のMac Bookなどが300cycleと発表しており、2009年以降のMac Bookは1000cycleと、一気に電池寿命が改善しました。

 

電池は消耗品で買い換えが必要ですが、Capillusは 5年の耐久年数を想定し製造されており、バッテリーだけでも、他社に比べ3倍の耐久年数がございます。

​低出力レーザ―器 Capillus特有の血行促進について

すべての低出力レーザー器で血行促進効果は得られません

髪の悩みの改善には血行促進効果が不可欠です。

様々な低出力レーザ―器が存在する中で、ATPの活性化と同時に血行促進を期待できるのはCapillusだけです。

ポイントは低出力レーザ―をご利用いただく際の照射時間が影響します。

低出力レーザ―の​1回の照射時間が数十秒の場合、血行が改善する至る前に、低出力レーザ―器、本体を移動させ、照射箇所を変えなくてはいけない製品があります。

その点、Capillusは全頭証型の低出力レーザ―器であることから、低出力レーザーが頭皮に均一に照射されることで、血流が頭皮全体でムラなく改善効果が期待できる照射個数と照射時間の設計。

​一台で二役の効果をCapillusでは得られます。

​低出力レーザ―器 Capillusは生え際から頭頂部まで一度にカバー

髪のトラブルが生じやすい、頭皮部分を低出力レーザー器 Capillusはすべてカバー

頭皮が透けて見えたり、髪が痩せて生じるトラブルはそれぞれの方で個人差があります。

お使いになる方の薄毛度合いや場所に関わらず、Capiilusは生え際から頭頂部全体に低出力レーザ―を照射することができます。

低出力レーザ―が頭皮に届いている模様や毛細血管が浮き上がった模様を動画でもご欄いただけます。

全頭照射型のCapillusの頭皮への低出力レーザーの到達具合について

(クシ状の構造で髪を分けなくても光が頭皮に満遍なく照射されている模様を動画で確認いただけます)

​低出力レーザ―器 Capillusの4タイプの違い

本体の大きさは同じでも、照射個数によって回復に要する時間に違いがあります。

薄毛の面積の広さ薄毛度合いで選べる4タイプ。
 

照射個数も82個、202個、272個、312個からお選びいただけるので、低出力レーザーの数が多いほど、より高い密度で頭皮に照射されます。

Capillus82と比較して2.5倍~3.8倍の照射密度の差があります。

数多くの低出力レーザ―器の中から品質や実績からCapillsを使用

タイのチュラ―ロンコーン大学医学部付属病院の内科学のパチャパランティープ博士が2017年の国際毛髪学会(ISHRS)に発表した低出力レーザ―に関する論文が最優秀賞を受賞に加え、2019のISHRSでPlatinum Follicle Award (最高賞)を受賞しました。

数多くの全頭型低出力レーザー器の全メーカーで、中立な第三者による臨床試験結果を提出をした上で、承認を受けた製品はCapillusのみです

Capillusは業界最多個数のレーザーを搭載しているだけでなく、部品のすべてをアメリカ国内で自社生産・組立を起こっている為、、他のメーカーと比べての長期の製品保証を設けることが可能です。

専門家の間でも実績や品質が認められています。

家庭用機器としての業界最多のレーザーを搭載するCapillus 312 RXをパチュパランティーブ博士にはご利用いただいています。

2020年、世界トップの自毛植毛のドクターはCapillusの常任顧問

ロバート レオナルド博士はアメリカの東海岸で毛髪治療クリニックを開設し、2020年 国際毛髪学会が選ぶ、世界の自毛植毛医に贈られる「ゴールデン賞」を受賞。

現在、レオナルド博士はCapillusのメディカルアドバイザー(顧問)として就任し、世界の学会や展示会でもCapillusの効果や実績に加え、品質についてご紹介をいただいています。

皆さまによりお値打ちに購入いただけるよう

Capillus 全モデル5%ダウンの価格変更

さらにCapillus 5%オフ キャンペーンも継続中

​ご注文の手続き時にクーポンコード「captax」を入力が条件。銀行振込・クレジットカード・代金引換 お支払方法に関係なく5%値引き。キャッシュレス決済のような上限なく、ご購入いただけます。

Capillusの低出力レーザー