Capillus 4機種の違い

低レベルレーザー器(LLLT)は、十分な研究の下、幅広い種類の薄毛に有効であると証明されています。


低レベルの光線療法(LLLT)は、光線療法として、1960年代から様々な分野で研究が行われ、近年、注目されています。

その中でも、頭皮や髪に対しLLLTを用いるテクノロジーは急速に進み、毛母細胞や髪の改善が期待できます。


Capillusは他の低出力レーザー器と比べ、どのように優れていますか?

最大の特徴はこれまでの低出力レーザー器の搭載個数が最多であることです。

頭全体を一度に照射できるタイプの低出力レーザー器でも80個が最大でした。

Capillus 202、Capillus272、Capillus RX 312はこれまでの全頭型低出力レーザ―器の2.5倍~3.8倍のレーザー照射個数を搭載。

より多くのレーザーが1度に頭皮全体に照射されることで髪の状態を大幅に改善されます。

Capillusのレーザー照射部の比較画像

Capillus 4機種の内部を比較画像です。これまでの低出力レーザー器と同等のCapillus82と比較するとCapillus202やCapillus272。CapillusRX 312は明らかにレーザー照射装置が隙間なく搭載されています。

レーザーの数の違いが効果に大きく影響することが2年間の検証でも確認されました。

Capillusのレーザー照射個数による頭皮のレーザーの照射度合いの違い

Capillus内部のレーザーが頭皮に照射した際に各レーザーがどの程度、頭皮にレーザーが照射されているかを示すイメージです。

従来の低出力レーザー器と同レベルのモデルのCapillus82と比較すると2.5倍のCapillus202や3.3倍のCapillus272、3.8倍のCapillus RX312はより隙間なく頭皮にレーザーが行き渡ります。

他社のクシ状の構造の製品との違い。

髪を分けなくてもCapillusのレーザーは頭皮に届きます。

Capillus202を透明のマネキンと実際に人がかぶせた状態です。

光が照射されている状態と照射されていない部分での違いを示しています。

クシ状の構造で、現存する髪を分け取らなくても頭皮に光が届いていることが確認できます。(照射箇所を100倍の倍率で頭皮を撮影)

低出力レーザ―は直進性の高い光なので僅かな隙間を通り抜けます。

ムラなく照射するのであれば髪を分けることよりも、照射個数の数が多いほうが、

隙間なく、頭部全体に照射できます。

Capillusが照射個数を4モデルご用意しているのは照射口の間に隙間がなくなることで、より密度の高い光を頭部全体に行き渡らせる為です。

Capillus RX 312 プロ仕様モデル 

2017年10月 販売を開始したCapillus RXは同社の最上級モデル

CapillusRXはCapillus社の低出力レーザ―の最上級モデルです。

​レーザーの照射個数はCapillus82の3.8倍。

ご利用時間を大幅に短縮。照射時間はわずか6分とより使いやすくなりました。

Capillus 増税後 5%オフ キャンペーン

​ご注文の手続き時に、カートに追加後、クーポンコード「captax」を入力してください。

お支払方法に関係なく、銀行振込・クレジットカード・代金引換に関係なく5%値引き

高額な商品である為、クレジットカードの限度額が超えて、キャッシュレス決済を行っていただけないお客様や代金引換、銀行振込をご希望のお客様が5%還元を受けらないのでは不平等が生じてしまう為、注文手続きで、カートに追加後、クーポンコード「captax」を入力いただけたお客様は、お支払方法に関係なく、商品代金から5%​お値引致したします。