Capillusの低出力レーザー

Capillus 4機種の違い

低レベルレーザー器は、十分な研究の下、幅広い種類の薄毛に有効であると証明されています。

低レベルの光線療法(低出力レーザー)は、光線療法として、1960年代から様々な分野で研究が行われ、近年、注目されています。

 

その中でも、頭皮や髪に対し低出力レーザーを用いるテクノロジーは急速に進み、毛母細胞や髪の改善が期待できます。


Capillusは他の低出力レーザー器と比べ、どのように優れていますか?

最大の特徴はこれまでの低出力レーザー器の搭載個数が最多であることです。

頭全体を一度に照射できるタイプの低出力レーザー器でも80個が最大でした。

Capillus 202、Capillus272、Capillus RX 312はこれまでの全頭型低出力レーザー器の2.5倍~3.8倍のレーザー照射個数を搭載。

より多くの低出力レーザーが1度に頭皮全体に照射されることで髪の状態を大幅に改善されます。

他メーカーの低出力レーザー器の製品と比較して最短の1回 6分。

Capillus 3モデル

Capillusのレーザー照射部の比較画像

Capillus 4機種の内部を比較画像です。これまでの低出力レーザー器と同等のCapillus82と比較するとCapillus202やCapillus272。CapillusRX 312は明らかにレーザー照射装置が隙間なく搭載されています。

レーザーの数の違いが効果に大きく影響することが2年間の検証でも確認されました。

Capillus 低出力レーザー育毛 搭載個数の比較
 

Capillusのレーザー照射個数による頭皮のレーザーの照射度合いの違い

Capillus内部のレーザーが頭皮に照射した際に各レーザーがどの程度、頭皮にレーザーが照射されているかを示すイメージです。

従来の低出力レーザー器と同レベルのモデルのCapillus82と比較すると2.5倍のCapillus202や3.3倍のCapillus272、3.8倍のCapillus RX312はより隙間なく頭皮に低出力レーザーが行き渡ります。

Capillus 低出力レーザーのイメージ比較
Capillus RX 低出力レーザー育毛器

他社のクシ状の構造の製品との違い。

髪を分けなくてもCapillusの低出力レーザーは頭皮に届きます。

Capillus202を透明のマネキンと実際に人がかぶせた状態です。

光が照射されている状態と照射されていない部分での違いを示しています。

クシ状の構造で、現存する髪を分け取らなくても頭皮に光が届いていることが確認できます。(照射箇所を100倍の倍率で頭皮を撮影)

低出力レーザーは直進性の高い光なので僅かな隙間を通り抜けます。

ムラなく照射するのであれば髪を分けることよりも、照射個数の数が多いほうが、

隙間なく、頭部全体に照射できます。

Capillusが照射個数を4モデルご用意しているのは照射口の間に隙間がなくなることで、より密度の高い光を頭部全体に行き渡らせる為です。

髪を分けなくてもCapillusレーザーは頭皮に届きます
capillus rx カピラス

Capillus RX 312 プロ仕様モデル 

CapillusRXはCapillus社の低出力レーザーの最上級モデルです。

​レーザーの照射個数はCapillus82の3.8倍。

全メーカーの低出力レーザー器の中で最多個数を搭載。

​全モデルで唯一、毎日ではなく、週3~4回の利用でOK

Capillus 低出力レーザー

 5周年 限定キャンペーン 第4

Capillus 全モデルが大変お得!

15%オフ クーポンコード (capdis)

​2022年9月30​まで

ご注文時にクーポンコードを入力が条件

​各モデル 台数限定

延長保証モデル セール対象外 ​5%オフ 価格適用済み

Capillus 2022年11月 価格改定のお知らせ


このたび、急激な外国為替の円安傾向が続き商品の仕入れ価格が上昇していることから、

2022年11月初旬頃を目処にすべての商品の価格改定をさせて頂きます。

購入を検討されているお客様は、お早めにお買い求めください