​Capillus VS 他社の低出力レーザー器

圧倒的な品質やメーカーの体制の違い

​CapillusとH社の品質の違い

CapillusとH社の製品では圧倒的な製品の品質やメーカーの体制に違いがあります。

現在、H社ではCapillusに酷似した272個のレーザーを搭載したモデルが販売されています。

​一目では、同じような製品とお考えになるかと思います。

​ですが、CapillusとH社の低出力レーザー育毛器では様々な違いが存在します。

​そのいくつかの違いをご紹介します。

​Capillusが高品質と耐久性に拘る訳

今まで取り組んできた多くの毛髪ケアが「無駄に終わってしまった」と感じたことはありませんか?

 近年の日本の薄毛治療でも、リスクが伴う内服薬を服用してまでも、結果を上げたいとお考えの方がいます。

最短での結果を求め、期待した結果が出た場合には、その後は何しなくても、健康な毛髪を維持できるのではないか?

 

髪の悩む方が一度は陥るジレンマの一例は、

・評判の育毛剤やケアを試しても期待する成果は得られなかった。

・最初は頑張る覚悟で始めるけれど長続きしない。

・日々時間に追われ、時間がとれない。
などかと思います。

 

TVで見かけるダイエットのCM。徹底した食事管理とマンツーマンの運動で結果を上げています。

ところが食事管理や運動が疎かになれば、元通りです。

多くの方は髪の回復にだけ肝心を持ちますが、大切なのは、回復した髪を維持することです。

​ダイエットも年々痩せにくくなるように、髪が一時的に回復を遂げても、年を重ねながら維持するのは容易ではありません。

リスクを冒して受けた薄毛治療も、数年単位で続ければ、体に加わる負荷は増大します。

 

低出力レーザーの最大の魅力は体や頭皮に一切の負担なく、年齢に関わらず、長期利用できることです。

 

Capillusは、着用して、ボタンひとつでスタート。1回の照射時間は業界最短の6分間。

毎日の利用が負担にならなければ、長期に渡ってCapillusをご利用いただけ、回復した髪をその分だけ維持ができます。

だからこそ、Capillusは他社よりの2~3倍の耐久性と品質にこだわっています。

希望された改善を遂げた後は、使用回数を減らすことも可能です。逆に状況に合わせ、使用回数を増やすという選択肢もあります。

H社製の5年ほどの耐久年数では、回復を遂げた後、長期に渡って、安心してご利用いただけない可能性もあります。

 

Capillusは一時的な回復を求めているのではなく、1台のCapillusが大切な髪を末永く、守り続け、不必要な買い直しが不要の製品です。

 

すべての低出力レーザー器のメーカーで唯一、家庭用だけでなく、耐久性が重要な業務用器も製造しているからこその技術です。

それらが評価されたからこそ、育毛界の世界最高の称号を受賞した2名の専門家が全メーカーの中で最も認める育毛レーザーが、Capillusなのです

Capillusが他社よりも最大5倍の長期保証の理由

​各低出力レーザー育毛器の保証期間は最大で5倍の開き

レーザー及び、電子基板の耐久年数は、メーカーによって、最大で3倍近くの差があり、5年程度で寿命を迎えてしまう製品から、Capillusのように15年以上、ご利用いただける製品があります。

 

世界で初めて、家庭用の最多個数のレーザーを搭載した製品として、承認を受け、特許を取得したCapillusだからこそ、実現。

 

比較対象として、酷似したデザイン、搭載したレーザー個数も似ている、H社の272個の低出力レーザー器や中国で製造されたOEMのキャップ型製品をそのまま、自社ブランド品として販売されている機器の保証期間は1年また2年保証です。

 

H社は子会社のRG社を設立し、米国を限定し、30分 点滅タイプの272個の低出力レーザー器を3年ほど前から、試験販売を開始。

 

RG社を限定しての発売だったので日本では知られていませんでしたが、その後、H社より、現在の15分 点灯・30分 点滅の照射方法を選べるキャップ型の272個のモデルを、販売をしています。

 

以下は先行販売されたRG社のキャップ型272個モデルの説明書の記載内容です。

Hairmax説明書 耐久年数の疑問

H社の当時の説明書の中で、黄色でハイライトした部分にはDevice Failure Mode (耐久年数)やExpected Life of your Deivce(製品寿命についての説明が書かれていますが、特に赤線を引いた部分には製品の耐久年数や寿命が5年と書かれています。

Device Failure Modeには「Your device is designed to last for 5 years of regular use」と書かれており、これは「本製品は通常使用(週 3回)で、5年間の耐久期間で設計されています。」

Expected Life of your Deviceには「Based on that rating and durability of the components being used, the expected life of your Regrow MD is 5 years」と記載されており、「使用されている部品の各付けや耐久性からすると、本製品の寿命は5年です。」と記載されています。

 

2枚目は同じ製品をH社が発売しているキャップ型272個モデルの説明書の記載内容です。

​H社とRGが同じ製品である根拠として、2つの画像をご覧いただくと、説明書に記載されている電話番号がどちらも同じです。

Hairmax説明書 耐久年数の疑問

同じDevice Failure Modeに書かれていた、5年の耐久年数で設計されている内容や、Expected Life of Your Deviceについても、「Based on that rating and the durability of the components being used, your HairMax Laser Device is designed to last many years of regular use」.と記載内容が変更となり、「使用されている部品の各付けや耐久性からすると、本製品は長期にもちます」と記載されています。

 

「5年」から「長期」に変更される根拠も示されていないでわかりませんが、説明書に記載されている「レーザーの仕様や電子基板は両方とも同じです。

 

「5年の耐久年数の設計」で製造されていた製品が、照射方法が変わるだけで、「長期にもつ」 と説明を変えるのには不自然さがあります。

 

また、このような説明書の記載内容の変更は一般の方は知る由がありません。

 

照射方法が点滅から点灯になることで、利用時間が半分になるとしても、点滅より、レーザーが連続して、点灯照射されるほうが、大量の電力が継続的に、通電し、レーザー装置だけでなく、本体の電子基板にも大きな負担と熱の影響があります。

照射方法の変更で耐久年数が減ることはあっても、伸びることはけしてありません。


5年の耐久年数を想定し、設計されたH社の製品と比べ、Capillusは3倍の15年以上の耐久年数を想定し、製造されていて、利用頻度の高い専門機関でご利用いただくことで、一般的な使用方法の5年を超えた回数をご利用いただけることが既に、実証されています。

 

業務用器で求められる、長期間の耐久性の製品を製造し、その技術や設計を家庭用モデルにも転用しているCapillusであるからこそ、他社メーカーよりも遥かに優れた製品をご提供しています。

Capillusが全米の70%以上の育毛病院で導入いただけ、国際毛髪学会で最高賞を受賞した2名の専門家に推奨いただけているのも、他社の低出力レーザー器より優れている為です。

全メーカーの中で、2年保証を超えて,1.5~2.5倍の保証期間を設けているのはCapillusのみです。(最大5年のメーカー保証)

Capillusと他社の低出力レーザーの耐久試験方法と製品の寿命の差

hairmax 仕様説明

一般的な白熱灯と比べ、レーザーダイオードやLEDは寿命が長いことが特徴です。製品寿命を左右するのはレーザーのの電球ではなく、それが搭載された電子基板の熱により劣化が影響しています。

低出力レーザー器は電子基板の放熱性にどれだけ優れているか?または発生られた熱に電子基板がどれだけ耐えられるかが耐久性に直結しています。

Capillusは搭載する電子基板の放熱性や耐熱性を検証する為、20℃~70℃の環境下で耐久試験を行い、利用環境が平均50℃で耐久試験を行っています。

業務用器の場合、製品が連続して使用されるので、電子基板は高い熱を持ちます。一日に何度も繰り返し、毎日利用されても、故障せず、長期に利用される製品でなくてはありません。

平均温度が50℃という過酷な環境下でも、耐久性を保ち、故障しない電子基板である必要があります。

その結果、Capillusは他社の低出力レーザーより、圧倒的に長期間、ご利用いただけます。

業務用器と同じ技術と品質の部品を家庭用低出力レーザー器にも用いているので、他社では提供できない、長期保証が実現できています。

H社の説明書には5~35℃でしか、レーザーの耐久試験が行われておらず、利用環境の平均温度が25℃を想定し、製造されたレーザーを利用しています。

最高温度が35℃となれば、他国より、特に夏場の気温や室温が高温になる、日本では、環境が厳しく、レーザーの照射時にはさらに装置の温度が上がります。

 

レーザー装置や電気基盤の耐久性が平均25℃でしか検証されていない、H社の製品では、レーザーの照射時や保管される室内温度が高く、厳しい環境では、製品の寿命も短くなります。

 

同じ形状や同じ数のレーザーを搭載していても、5年を想定した耐久性のH社の製品とCapillusのような15年近い耐久性を念頭に設計された製品では大きな違いがあります。

5年の寿命で設計された製品の場合、その方の状況によっては、繰り返し、買い直す必要が出てきます。

その点Capillusであれば、数年以内に寿命を迎え、買い直しをするような状況には陥る心配はありません。

5年の製品寿命の低出力レーザー器に無駄な有償の延長保証

H社のキャップ型低出力レーザー器は、開発当初より、「耐用年数が5年」と説明書に記載していましたが、直近では「長期の利用」に変更したものの、H社のキャップ型272は長期利用を念頭に設計された製品ではありません。

H社の2年保証の製品に対し、有償で5年(メーカー保証を含む)のサービスを開始しましたが、5年で寿命を迎える製品に、5年保証を追加しても、直前に都合よく故障し、保証対応を受けられません

有償で追加した延長保証が終了するタイミングで寿命を迎える可能性があります。

更に、保証修理は故障個所の修理であって、寿命を迎える主要部品の交換でなければ、使用期間は延びません。

その点、Capillusは全低出力レーザー育毛器のメーカーの中で唯一、業務用機器も製造しており、業務用器で求められる長期の耐用年数のノウハウや部品を家庭用器にも利用しています。

 

Capillus社だからこそ、説明書通りのご利用で、13~15年ご利用いただけます。

​他社の低出力レーザー器の検証で発覚した耐久性と品質への不安

耐久性不足の低出力レーザー育毛器

Capillusと他社の比較を行おうと入手した製品を開封直後に隙間を埋める為のシーリング剤がすぐに剥がれ落ちてしまいました。

使用に影響はないかもしれませんが、新品で到着後、すぐに一部が破損してしまうとなると、製品の品質や長期の利用には不安が残ります。

​H社では返品された製品が新品として転売されている可能性

アマゾン レビュー

上記のH社の米国アマゾンの購入者のレビューを見ていると、品質や耐久性など以前の問題として、製品に満足できなかったお客様から返品された、製品を新品として転売している可能性もあるようです。

​返品された製品を新品として転売している可能性 米国アマゾンのレビュー 1

Hairmax 272 Amazon 評価 1

1.0 out of 5 stars Defective

Reviewed in the United States on September 21, 2021 

レビュー日 2021年9月21日

 

Verified Purchase

購入確認済み

The product looked used and stop working after few times !

届いた商品は使用された中古のようで、数回の利用後、使えなくなった

返品された製品を新品として転売している可能性 米国アマゾンのレビュー 2

Hairmax 272 Amazon 評価2


2.0 out of 5 stars Seems to be working, they sent me a previously used product however

Reviewed in the United States on September 15, 2020

レビュー日 2020年9月15日

Verified Purchase

購入確認済み


What concerns me is that I spent $2,000 on this product and it is CLEARLY used. There is scratching on the unit especially near the charging port that shows a long history of use, leading me to assume this was refurbished.

 

$2000を支払ったの製品なのに、明らかに中古の製品が届いた。本体に傷があったり、充電用差し込み口は、長期に利用された形跡がある為、リビルト(修繕品)だと思う。

Now I personally don't have an issue with owning a refurbished product, but that is not what was advertised or what I paid for. A refurbished product deserves a refurbished price.

個人的に修繕品ではあることは気にしないが、購入時の製品説明には修繕品である記載はなかった。

修繕品であるならば、それに妥当な金額で販売されるべきだ。

​他社の低出力レーザー器の製造国への疑問

ヘアーマックス生産国表示ラベル
ヘアーマックス バッテリー生産国表示ラベル

​他社の低出力レーザ―を販売する一部のメーカーのホームぺージでアメリカ製としながらも、実際に書かれている製造国を確認すると、台湾や中国で明記されている場合があります。

​最終的に梱包をしたのが、アメリカ国内なのでアメリカ製と記載しているのかわかりませんが、Capillusのようにアメリカ国内の自社工場で生産するのではなく、海外で製造された製品をそのまま、アメリカ製として販売をしているメーカーもあります。

​大量の個数のレーザーを長時間、照射する負荷

従来のバンド型のように使用時間が短く、搭載するレーザーや搭載個数が少ない場合は、すべての部品や本体自体への負荷も限定的です。

 

その反面、一度に大量の数のレーザーを長時間に渡り、連続照射するには、高出力の電力が必要となり、その負荷は、レーザー照射装置や設置される電子基盤がすべて圧し掛かります。

 

Capillusは製品の開発当初から、業務用にも匹敵する数の低出力レーザー搭載し、家庭用としてだけではなく、業務用としての利用を想定し、設計や製造がおこなわれています。

 

事実、Capillusの家庭用モデルとされているCapillus 272やCapillusRX 312は海外の多くの専門機関が業務用としても利用。多数の方の連続使用をいただけています。

 

さらに、Capillusは家庭用の低出力レーザ―器だけでなく、業務用モデルも同時に開発・製造をしている唯一のメーカーです。

 

Capillusは業務用モデルを手掛けるだけでなく、そのノウハウを家庭用モデルにも反映。

 

家庭用モデルの専門機関での利用の実績や経験から、他社よりも長い、耐久年数が実証されており、長期保証が実現できます。

 

H社のように、5年での寿命を想定した製品や中国で製造されている模倣品とは異なり,Capillusはレーザーや電子基板、バッテリーに至るまで、他社が行っていない、3~5年の製品保証を提供しています。

 

製品の値段からすれば、容易に買い替えできるものではありません。折角、効果があっても5年後に製品の寿命を迎えてしまってはより大きな出費になります。

 

耐久性に不安な製品よりも、実績と保証を兼ね揃えたCapillusなら安心してご利用いただけます。

Capillusと他社の低出力レーザーのバッテリーの寿命の差

H社の説明書には「Battery Charging Cycle」が300 cycleと書かれています。(参考 Capillusは1000cycle)

 

リチウムイオン電池のように、充電が空にしないように持続することで、電池寿命が影響される蓄電池にとってバッテリーの充電サイクルは重要です。

「Battery Charging Cycle」が300 cycleの場合、充電で放電は300回の耐久性であることを意味します。

その点、Capillusは1000 cycleのバッテリーを搭載しているので、1000回の充電と放電できます。

 

リチウムイオン電池の性能も向上し、寿命は飛躍的に伸びています。

Apple社は自社製品のリチウムイオン電池のバッテリー充電サイクルについて、2008年以前のMac Bookなどが300cycleと発表していました。

 

2009年以降のMac Bookが1000cycleのバッテリーを利用していますが、2021年現在のApple製品のリチウムイオン電池は1000cycleのバッテリーを利用しています。

 

電池は消耗品では買い換えが必要であっても、H社とCapillusではバッテリーも、3倍の耐久年数の違いがあります。

H社のバッテリーへの米国アマゾンのレビュー

Hairmax バッテリー レビュー

バッテリーの寿命や耐久性以前の問題として、本体だけでなく、返却されたバッテリーが同封されているケースがあるようです。

米国アマゾンのH社のキャップ型 272個のレーザー器に対し、様々な不満を訴えるレビューが書かれています。

 

「数回利用しただけで、充電ができなくなった。数か月の利用で電源が入らなくなった」

「他のレビューでも目にするが、H社は製品のバッテリーを変更するべきだとの書き込みを見かける」

上記のような不満のレビューが米国アマゾンでは多く確認されています。