​他社低出力レーザーやLEDとの違い

低出力レーザーとLEDの違いが理解されていない点が大きな問題です。

ISHRSでプラチナム賞を受賞したパチャパランティープ博士
capillus patent 特許

​世界トップクラスの専門家がCapillusを選ぶ理由

世界最大の専門学会で最高賞を受賞した専門家の一名はCapillusの常任顧問を務め、もう一名は自身の研究でCapillusを利用。​

 

数ある低出力レーザー器の中から、Capillusが選ばれているのには理由があります。

キャップ型 ​低出力レーザ―器の特許を取得

2016年 Capillusがキャップ型 低出力レーザ―器の特許を取得

キャップ型低出力レーザ―器が全世界で支流となる中、現在の設計や形状や技術を開発したのがCapillus CEO Carlos Pinaです。

2016年、Capillusは全頭型低出力レーザ―器の特許を特許を取得しました。

低出力レーザ―器が様々な学会や論文で注目をされる中、Capillusの形状やデザインを模倣した製品が急増しています。

米国製の大手メーカーの低出力レーザ―器には、効果の検証に辺り、実機を使っての検証なく認可に至った機器が存在します。

このような機器は、第三者機関での認可を得ることで、効果や安全性など商品の信用性を示そうとしていますが、第三者機関での認可は、実機を用いずに効果を検証認可を得ることもできます。

過去に認可を受けた、他社製品と同等の安全性や効果がある、参考商品を提示をすることなので、効果の検証されないまま、認可を得ることができているのです。

Capillusはキャップ型 低出力レーザ―器の中で、唯一、実機を使用して、中立的な第三者により執り行われた検証結果を基に、認可を得てました。

 

Capillusも他社と同じように、参考商品を提示することで、認可を得ることもできましたが、Capillusは自主的に実機での検証結果を提出し、認可を得ました。

全頭型の低出力レーザ―器のメーカーの中には、認可取得後、その認可を受けた第三者機関から、注意是正勧告を受けた事例がありました。

そのメーカーは申請に辺り、大手メーカーと同じOEMの部品供給会社から、部品を入手し、基本構造が同じであると説明し、自社製品での検証を回避したまま、認可を受けて、アメリカ国内で製造・販売を行いました。

その後、品質管理が不十分で、125件もの顧客からのクレームを処理をせず、適切な情報管理を怠ったとして、一年もしないうちに、立ち入り調査を受け、7つの是正勧告を受けました。

大手メーカーと同じ部品を共有し、構造も酷似ていることを理由に、他社の参考製品を提示することで、認可を得るという問題があります。

Capillusにおいては、高品質、安全性、効果を確保するべく、すべての製品を米国の自社工場で生産し、徹底した品質管理を行っています。

同形状や酷似デザインの製品であったとしても、Capillusのような裏打ちされた効果は、他社製品で得ることは出来ません。

Capillus(カピラス) 低出力レーザー育毛器

​業務用器も製造するCapillusだからこそ、専門家も認める品質と耐久性

業務用・ホームケア用の低出力レーザー器、両方を製造する唯一のメーカーだからこそ培った技術や品質と耐久性

Capillusは家庭用の低出力レーザ―器だけでなく、業務用モデルも開発・製造している唯一のメーカーです。


Capillusは業務用モデルのノウハウを、家庭用モデルにも反映。

その為、他社よりも優れた耐久年数が実証されており、それゆえ長期保証が実現できます。

大手メーカー品には、5年の寿命を想定し製造された製品、台湾の会社に外部委託で製造された製品が存在します。中国で製造されている模倣品も存在します。

Capillusは、レーザーや電子基板に至るまで、他社が行っていない、3~5年の製品保証を提供。

Capillusが持つ、製品寿命まで使用できない低出力レーザー器は多数存在します。

低出力レーザー器は、容易に買い替えできる値段の製品ではございません。

 

耐久年数に不安のある製品よりも、実績と保証を兼ね揃えたCapillusであれば、安心して、長期に渡りご利用いただけます。

部品性能や耐久性から低出力レーザ―育毛器の保証期間は最大で5倍の開きが存在

レーザー、電子基板の耐久年数は5年程度で寿命を迎えてしまう製品と比べ、Capillusは3倍の約15年の耐久年数を想定し、製造されています。

最多個数のレーザーを搭載した家庭用低出力レーザー器として世界ではじめて認可され、特許を取得したCapillusだからこそ、長期保証を実現。

デザインや搭載レーザー個数が酷似する、他社の272個の低出力レーザ―器や中国で製造されたOEMのキャップ型低出力レーザー器の保証期間は、1年、または、2年です。

他社の最長の2年保証を2.5倍上回る、最大の5年を設けているのはCapillusのみです。(機種ごとに保証年数は異なります)

llt 5 years

大手メーカー品でもレーザーの耐久年数が5年で寿命を迎え、使用できなくなる製品

同型の低出力レーザー器を販売する大手メーカー品でも、通常使用で5年程度しか利用できないと説明書に記載されている製品があります。

説明書の画像で耐久年数が5年で書かれているのを確認していただけます。(現在は「長期利用可能」と表現を変更)

さらに、レーザーの寿命を迎えた際は、徐々にレーザーの光が暗くなるのではなく、突然、玉切れすると記載されています。

低出力レーザー器は、製品の性質上、回復に要する時間は個人差があり、長期の使用が必要な場合もあります。

髪のトラブルが一時的に回復しても、年を重ねれば再発にありえます。

5年で寿命を迎える製品では、使用される方の年齢や状況によって、何度も買い替えが必要になる恐れがあります。

寿命が短ければ使用回数を増やすことができません。

ご自身の状態に合わせ、低出力レーザーは、説明書で示されている回数や頻度を増やすことができます。

業務用器で培ったCapillusの優れた性能や耐久性であれば、可能です。

しかし、通常使用で5年の寿命しかない製品を2倍の頻度で使用すれば、実質2.5年しか使用できません。

レーザーの点灯・点滅照射のマイナス点

一般的な電球と同様に、レーザー装置の耐久性に大きく影響を与えるのが照射方法です。

断続的にレーザーが点灯された状態と点滅照射では、電気基盤に加わる負担は大きく異なります。

特に、明るい光を照射するレーザーダイオードの場合、点滅照射は電子回路が高温になり、耐久年数が短くなります。

​一部製品で点灯と点滅を選択できる製品がありますが、製品の耐久性や寿命を考慮すれば設計上、回避すべき仕様の製品が存在します。

レーザーや製品の寿命を左右する電子基盤の性能や耐久性

レーザーダイオード装置は発熱しませんが、電源部分や電子基盤は高温になります。

近年、レーザーダイオードやLED製品の放熱技術や電子基盤の耐久性は大幅に向上し、使い方を誤らなければ、「10年以上持つ」という製品が増えています。

国内大手のLED電球が5年保証を提供しているのも電子基板の設計により、放熱性が向上した結果です。

10年以上利用できる製品であるかを左右するのは、放熱性に優れた設計や品質の良い電子基板を搭載しているかで決まります。

5年間も製品保証が可能な理由は、メーカー側が主要部品である電子基板の性能や耐久性に自信を持っている表れです。

連続使用が想定される業務用器を製造するCapillusは、家庭用モデルでもこの問題を解決する設計や高品質の電気基盤を搭載しています。

耐久年数が5年未満の製品は、電子基板の放熱性が劣っている為、熱による劣化が進みやすく、使用可能な期間が短くなります。

大量のレーザーを、長時間、照射する負荷 

従来のバンド型やブラシ型のように、使用時間が短く、搭載するレーザーや搭載個数が少ない場合は、基盤への負荷も限定的です。

短時間の照射を想定し開発されたレーザー装置を、電子回路に乗せ換えれば、大量のレーザーの長時間の照射により、発生する熱に耐えれる訳ではありません。

放熱性に対応した設計でなければ、製品寿命は著しく短くなります。

Capillusは開発当初から、業務用でも利用可能な、多数の低出力レーザーの連続照射を念頭に設計され、特許を取得した製品です。

電子基板の熱の放熱性を最優先の課題とし、連続使用や熱からの劣化を防ぐ構造です。

家庭用モデルのCapillus 272やCapillusRX 312を業務用のスタンドタイプの代わりとして、海外の多くの専門機関が利用。

家庭用モデルでも、毎日、何人もの人々がご使用いただける耐久性です。

他社 低出力レーザー 耐久時間 温度 バッテリー

Capillusがレーザーの耐久試験を平均50℃で行う理由。

大量のレーザー照射によってもたらされる熱にも耐える電子基板であるかは、放熱性によって、製品の劣化度合いを検証することが重要です。

平均温度が50℃の高温状態でも、正常作動するか、確認することは耐久性に直結します。

加えて、保管環境も-25℃~70℃で基本で保管されても製品に影響しないかの試験を行っています。

他社の低出力レーザーが耐久試験を平均25℃で行う理由。

画像でご確認いただける通り、他社の低出力レーザー器メーカーが行っている、5℃~35℃、平均25℃での耐久試験では、大量のレーザーを一斉照射した電子基板の熱への耐久性が十分に精査できません。

一定年数を超えた製品の電子基板は熱の影響により劣化していくので、長期間利用できる製品であるかを調べる場合、電子回路が強い負荷に耐えられるかが重要です。

夏場の外気温や室温が高温多湿の日本では、レーザーの照射時、使用中の基盤の温度は、軽く25℃を超えます。

Capillusが平均50℃という強い負荷の中で、耐久試験を行うのは、5年程度しか使用できず、数年置きに買い替えが必要なするのではなく、

 

お客様によっては、倍の頻度でご利用いただけるよう、従来の短命な製品寿命を念頭し設計された製品と一線を画した低出力レーザー器をCapillusはお届けしたいからです。

Capillusがレーザーの耐久試験を平均50℃で行う理由。

大量のレーザー照射によってもたらされる熱にも耐える電子基板であるか、放熱性によって、製品の劣化度合いを検証することが重要です。

平均温度が50℃の高温状態でも、正常作動するか、ここを確認することは、耐久性に直結します。

加えて、保管環境も-25℃~70℃で保管されても製品に影響しないか?の試験を行っています。

他社の低出力レーザーが耐久試験を平均25℃で行う理由

他社の低出力レーザー器メーカーが行っている、5℃~35℃、平均25℃での耐久試験では、大量のレーザーを一斉照射した電子基板の熱への耐久性が十分、精査できません。

一定年数を超えた製品の電子基板は熱の影響により劣化していくので、長期間利用できる製品であるかを調べる場合、電子回路が強い負荷に耐えられるかが重要です。

夏場の外気温や室温が高温多湿の日本では、特にレーザーの照射時や使用している最中の基盤の温度は軽く25℃を超えます。

Capillusが平均50℃という強い負荷の中で、耐久試験を行うのは、5年程度しか使用できず、数年置きに買い替えが必要な製品。

 

お客様によっては、倍の頻度でご利用いただけるよう、従来の短命な製品寿命を念頭し設計された製品と一線を画した低出力レーザー器をCapillusはお届けしたいからです。

バッテリーの寿命も3倍以上の差

他社の説明書には「Battery Charging Cycle・バッテリー充電サイクル」が、300 cycleと書かれています。(参考までに、Capillusは1000cycleです。)

 

リチウムイオン電池のように、電池寿命が影響される蓄電池にとって、バッテリーの充電サイクルは重要です。

バッテリー充電サイクルが300cycleの場合、300回の充電で寿命を迎えます。

Capillusの1000cycleであれば、1000回の充電が可能です。

 

Apple社は自社製品のリチウムイオン電池のバッテリー充電サイクルについて、2008年以前のMac Bookまでは300cycleのリチウムイオン電池を利用していました。

 

2009年から現在に至るまで、Mac Bookは1000cycleリチウムイオン電池を利用しています。

 

電池は消耗品で買い換えが必要ですが、お客様を第一に考えれば、耐久性に優れた製品やバッテリーを利用することで、余計な買い替えが伴わず、長期間、快適にご利用いただくことをCapillusは最優先と考え、設計や製造を行っています。

他社の低出力レーザー器の検証で到着直後に破損

赤い矢印で示したシーリング部分が開封直後に剥がれてしまいました。

capillusと他社低出力レーザー育毛器の比較
耐久性の短い低出力レーザー育毛器

米国製と説明されている他社の低出力レーザー器の製造国の表示

赤い矢印で示しすように、本体にはMade in Taiwanと書かれていますが、多くの場合、製造は海外で行い、パッケージングを米国内で行うことで、アメリカ製と説明している製品もあります。

​低出力レーザ―とLEDの違い

Capillus(カピラス) 低出力レーザーとLEDの照射比較

低出力レーザーと赤色LEDは全く異なる光です。

LEDと低出力レーザーは同じ色の光で照射しているものの、(1)光の拡がり (2)光の色、この二点が全く異なります。

(1)    国内の学会のガイドラインには、有用性を承認した背景となる学術論文が掲載されていますが、655nmの低出力レーザ―で行った臨床試験の結果であり、LEDという記述は見当たりません。

(2)    2009年、世界で初めて提出力レーザーの有効性を証明した学術論文では、
ダブルブラインドテスト(二重盲検試験)により、提出力レーザーの育毛効果が検証されています。

ダブルブラインドテストとは、医薬品などの効果を検証する際、被験者の思い込みによる偽薬効果(影響)を分離する為、真薬と偽薬を用意し、それぞれの対象者には、どちらを使用したかを知らせず試験を行い効果を検証する方法です。

低出力レーザ―器の効果効能の検証が行われる際、偽デバイス(SHAM DEVICE)として用いられた製品は、形状は同じであるものの、低出力レーザ―ではなく、単にLEDを照射している機械でした。

結果は、低出力レーザーを使用した治験対象者には育毛効果が見られたものの、同じ期間、偽デバイスを照射した治験対象者には育毛効果が得られなかったというものでした。

それにも関わらず、同じような光を照射している、という理由で、低出力レーザ―と同様に、LEDにも育毛効果が同等に得られると発表している点については疑問が残ります。

低出力レーザ―は医薬品で用いられるのと同じ臨床試験を経て、アメリカを始め96か国で効果が認められています。

LEDについても一部学術論文が書かれていますが、ダブルブラインドテストなど正式に検証されていません。

低出力レーザ―とLEDの違いが理解されていない点が大きな問題です。

1.LEDの光は、中に含まれている様々な波長を足し算で合計し照射された色です。足し算で出来ている光の色は、何らかの方法で光を分毎に分ける「分光」が起きます。

2.様々な波長の組合せで分光しやすいLEDとは違い、低出力レーザー光は、元々が決まった色の光しか含まれていないので分光が発生しません。

上記画像でご覧いただけるように、LEDは照射点から光が拡散しています。

それに対し、低出力レーザーは光が広がらず、直進性の高い光です。

LED育毛器やLED搭載ドライヤーに僅かな数のLED電球しか搭載されていないのは、イルミネーションライトや電球のように光が広がりながら照射されるためです。

少ない数のLED電球で広い面積をカバーできますが、頭皮に照射する場合、頭皮表面にしか光は届きません

加えて、現存している髪があれば、頭皮まで光が到達しない可能性もあります。

それに対し、低出力レーザーは直進性の高い光なので、頭皮表面ではなく、毛根の奥深くまで光が到達します。

照射口と毛根の間に絡み合うような髪があっても、肉眼では確認できない程度の隙間は必ず存在し、その隙間を通って毛乳頭まで光が到達します。

髪などの遮蔽物がないような状態で、頭皮の表面に赤い光が当たるだけで効果が得られるのであれば、大手サロンが販売しているLED育毛器でも効果は期待できるかもしれませんが、そのような効果を示す実験や根拠は、現在、示されていません。

加えて、大手育毛サロンのLED育毛器やLED搭載ドライヤーは、光の種類が異なるだけではなく、波長も630nmのLED光であり、低出力レーザーの波長である655nmと異なります。

レーザーの良さは、レーザーポインターでも分かるように、レーザーの光は拡散しません。レーザーは、頭皮表面ではなく、毛穴内部に到達するだけの光の強さや色、直進性があることが利点ですが、頭皮全体に隙間なく655nmの光を照射するためには、頭皮の面積に対し、適切な数の低出力レーザー個数、そして、隙間なく照射できることが最大のポイントとなります。

同じ低出力レーザーでも、装置の性能や搭載するレーザーの数により、得られる効果に違いが生じることを覚えておいてください。

ご注文の手続き時にクーポンコード「captax」を入力が条件。銀行振込・クレジットカード・代金引換 お支払方法に関係なく5%値引き。キャッシュレス決済のような上限なく、ご購入いただけます。